小野川の川めぐり遊覧船は佐原の観光には欠かせない

小野川の川めぐり遊覧船は、佐原の観光には欠かすことのできないポイントです。千葉県香取市を流れる小野川は、利根川の支流となる第1級河川です。 特に下流部の旧佐原市にあたる流域は、小江戸と呼ばれる昔ながらの風景を残した街並みが特徴で、現在では人気の観光地となっています。

スポンサードリンク    プライバシーポリシー
スポンサードリンク

佐原市 江戸を彷彿とさせる町、小江戸

小江戸とは、江戸に似た風景を持ち、江戸を彷彿とさせる町、あるいは江戸のように栄えたり、城下町としてなど、江戸と
関係の深い町のことを指します。

似たような使われ方では、小京都が挙げられ、こちらの方が数も多いので、有名で定着しているかもしれません。

首都東京として急速に発展し、大きく変貌してしまった本当の江戸とは違い、この佐原市や埼玉の川越市など、少し中心地から離れた近郊の町に、小江戸はよく見られます。

伊能忠敬自ら1793年に設計したという書院も!

佐原市の景観は、当時の情緒あふれる姿が現代に実によく残されており、電線や道路標識が目立たない地域では、
そのまま時代劇のロケに使われることも多いそうです。

佐原市には、日本地図作製に大きく貢献した測量家、
伊能忠敬が17歳から50歳までの30年ほどを過ごした旧家があり、現在でも手入れされ、無料開放されています。

伊能忠敬が婿養子に来る前から存在したという土蔵造りの
店舗や門、他にも炊事場や土蔵、また伊能忠敬自ら1793年に設計したという書院などで構成される、築200年以上の
建物です。

川めぐり遊覧船の乗り降りは、国の史跡のすぐ側から!

正面にはだしと呼ばれる小野川の荷揚げ用の桟橋があり、川めぐり遊覧船の乗り降りは、ここから行われます。
この旧宅は、佐原でも一番古い建物で、国の史跡に指定されているほどですが、佐原の街並みの中で浮くわけでもなく、
逆にこの建物が佐原の町に溶け込んでいるような感覚に陥るほど、佐原の街並みは趣深い江戸の風景となっているのです。



 スポンサードリンク

次へ >>>